学科

情報処理学科

 
Css Template Preview
Information Processing
情報処理学科

情報処理学科

時代の先端をいく情報処理技術者の育成。

AI、IoT、スマホ、ロボット、インターネットなどの出現により、コンピュータの技術はどんどん進化していきます。
その様な世の中で、今後さらに人とコンピュータの距離が近くなります。
そこで、本学科ではIT社会に対応すべく、これからの時代に必要な新しい柔軟な発想力をもったエンジニアを育成していきます。

 

卒業後の主な活躍分野
システムエンジニア分野 お客様の要望に合わせ、必要なシステムを考えます。プログラムを組むための設計を行います。
プログラム開発分野 様々なコンピュータ言語を用い、Webやアプリケーションのプログラム開発を行います。
ネットワークエンジニア分野 セキュリティーやサーバ構築、回線の設置等、企業や個人が情報を運用するために必要な業務を行います。
アプリケーション開発分野 PCやスマートフォンを活用する際に利用するソフトウェアの開発を行います。
IoTエンジニア分野 組込み系プログラミング(家電等)を中心にインターネットとモノをつなげ、より便利に使いやすくします。
AIエンジニア分野 プログラム言語を用い、人工知能の開発やその情報の解析、また、保守等を行います。
インストラクター分野 情報技術を企業内やスクールなどで利用者に対して教えていきます。
一般事務分野 PCを活用し、文書作成やデータ入力、情報管理等を行い、企業内の一般事務職として活躍します。

 

システム開発分野
コンピュータを利用する便利な社会へ。

コンピュータの発達で世の中はとても便利になっています。学校、駅、コンビニなど、私達が普段何気なく過ごしている日常生活の中でも、実は様々なシステムが構築されています。私達の生活をより豊かに、便利にするために使う側の発想に立つことができる、新しいシステムの開発技術を育成していきます。

Webデザイナー分野
ネットワーク上の情報を華やかに演出。

PCやスマートフォン上で展開されるホームページやネットゲームの利用者は増加しており、常に新しい情報、また、その情報の見やすさを求めています。この分野では、それらのデザインだけでなく、インターネットの仕組みからサーバー構築やネットワーク設計といった技術面についても、あわせて学んでいきます。

AI開発技術分野
最先端の技術で様々な分野で活躍。

将棋、囲碁、チェスをはじめ、たびたび「人間対コンピュータ」の戦いが行われてきて、人工知能の開発が進んできました。人間と同じような能力をコンピュータが持つ事で、製造現場、医療現場、受付窓口など、様々なところでその能力が発揮されます。これからさらに発展の期待されるAI業界で求められる人材を育成します。

アプリ開発分野
これからの時代に必須となるアプリ開発。

最近ではスマートフォンの登場により、ゲームや地図、音楽など様々なアプリケーションが使われています。これらのスマホアプリを中心に、作業の目的に応じて使う業務系アプリなどOS上で動くソフトウェアの開発を行います。さらにこれからはインターネットとモノをつなぐ、IoTへの活躍も期待されます。

情報セキュリティ分野
情報を守るセキュリティのプロフェッショナルを育成。

これだけインターネットやコンピュータが発達してくると、そこで扱う情報量はとても膨大になります。悪質なウイルスの感染により、個人や企業で使っている様々な情報が漏洩されることはとても重要な問題です。セキュリティに関する技術について学び、安心にコンピュータを利用できる環境を提供します。

今や誰もが簡単に利用できるパソコンやスマートフォンに関する技術を学ぶ。

手軽に情報のやり取りができるこのIT社会において、パソコンやスマートフォンの使用は不可欠となっています。
ただ使いこなすだけではなく、そのシステムを構築して豊かで便利な生活をおくるために、世の中に技術力を発信するための力を身につけます。

パソコン、スマートフォンの情報を発信する技術者の育成
1年次・2年次 習得内容

情報処理技術とアプリ開発技術を学び、今求められている技術を獲得。
1年次

パソコン、スマートフォンの基礎知識を習得
下地をしっかり作ってから2年次へ移行するため、まずはパソコンやスマートフォンの仕組みや基礎理論を学びます。それらを理解したうえで、基礎的なスマホアプリの開発やネットワークプログラム、アルゴリズムなどについて学びます。基本情報技術者やITパスポート試験につなげます。

2年次

オリジナルの作品を作り技術力と発想力を養成
1年次で身につけた基礎事項をもとに、プログラム技術やサーバ構築技術を向上させ、技術者としての力をつけるとともに基本情報技術者試験等の検定合格を目指します。さらに1・2年次で学んだことをもとに、卒業課題としてオリジナルアプリやホームページの作成など、各自で柔軟な発想力をいかした作品作りを行います。

カリキュラム 学科内容
カリキュラムを表示する ▼

※カリキュラムは一部変更になる場合があります。

目標とするライセンス
資格試験の種類 1年次 2年次 試験実施月 試験会場
基本情報技術者試験   4、10月 部外
ITパスポート試験 随時 部外
Javaプログラミング能力認定試験 3~1般 2~1級 6、9、1月 部外
ジェネラリスト検定試験 3、7、11月 部外
Androidアプリケーション技術者認定試験 随時 部外
情報セキュリティマネジメント試験 4、10月 部外
Linux技術者認定試験 レベル1 レベル2~3 随時 部外
Webクリエイター能力認定試験 スタンダード エキスパート 随時 部外
C言語プログラミング能力認定試験 3~1級 2~1級 1,6,9月 部外
Mos検定 随時 部外
ホームページ制作能力認定試験 随時 部外
ビジネス能力検定 3級 2級 7、12月 当校
日本語ワープロ検定試験 2~1級 2~1級 7、10、12、2月 当校
情報処理技能検定試験(表計算) 2~1級 2~1級 7、10、12、2月 当校
時間割 2年生の例
時限 時間
1

09:00~

10:30

システム管理 スマホ
アプリ開発Ⅱ
サーバ構築 IoT組込み系
プログラミング
卒業制作
2

10:40~

12:10

疑似言語 スマホ
アプリ開発Ⅱ
検定対策講座 オブジェクト指向
プログラミングⅡ
卒業制作
3

13:00~

14:30

Web
プログラミングⅡ
データベースプログラミング IoT組込み系
プログラミング
データベースプログラミング 卒業制作
4

14:40~

16:10

オフィスアプリケーション実習Ⅱ サーバ構築 ビジネスマナーⅡ